神待ち掲示板

人気家出掲示板

家出掲示板

ウラデジ(登録無料)
深夜番組で紹介されて、一気に家出女性の登録数が増えました。

全国対応で、写メ掲載率が高いのが人気の理由でしょう。

家を飛び出した女性がまず登録する定番の掲示板です。
人妻や若い家出娘が希望ならここで決まり!
とりあえず、今日エッチしたいならオススメ!
家出女性は、軽いんですよ〜w

神待ち掲示板

彼女と別れて数か月、私は会社も辞めて別の企業へ移っていた。
仕事の人間関係は順調だったが、お見合いや婚活はことごとくダメであり、欲求不満が溜まっていた。
ある日、たまらなくなった私はある神待ち掲示板へ登録した。
色々な家出神待ち女性が登録されていたが、神待ち掲示板へ登録するのは初めてで怖かった。
しかし、怖さ以上に女性に出会いたい、女性とセックスしたいという性欲には勝てず、私は好みの女性を探した。

 

本当は年上好みだったが、若い女性にも魅かれた。
18歳から20歳の、まだまだ女子高生の匂いを残す神待ち掲示板の若い女性。
神待ち女子高生とのセックスも妄想することがある私にとっては、まさに旬の年齢だった。

 

そんな中、私はあるギャル風の女性に目をやった。
その女性は、自分の写真を目隠しで映していた。
メッセージには「彼氏と別れて寂しい。」と書かれていた。
私と同じだった。私も彼女と別れて寂しかったのだ。
私はその女性の神待ち掲示板のプロフィールを閲覧した。
女性は二十歳だった。

 

その女性にメッセージを私は送った。
「初めまして。お互い別れたもの同士。良かったら会ってお話ししませんか。」と。
数日後、女性からメッセージが返ってきた。
「いいですよ。」とあったが、「最初はメッセージのやり取りから。」と書かれていた。
ネットで会うのだから、警戒するのは確かに当然である。

 

何回かメッセージでやり取りした後、神待ち女性の方から会わないかと希望してきた。
承諾のメッセージを私はすぐに送った。

 

神待ち掲示板でのエッチ体験

数日後、約束の場所で私は女性と出会った。
だが、私も神待ち掲示板は初めてだったので警戒していた。
自分の車は使わずレンタカーを利用した。また、スマホや免許は隠していた。

 

神待ち掲示板の女性は写真よりも可愛かった。目はくりっとしており、あどけなさがまだ残っていた。
女子高生のようなあどけなさが残る一方、強い香水をつけており、大人の女性の色気が漂っていた。
女子高生と大人の女性、両方を味わえるかもしれないという興奮に私は駆られていた。

 

「もうホテルへ行こう。」と女性はいきなり言ってきた。
神待ち掲示板の女性も欲求不満が溜まっていたのだろう。
メッセージのやり取りを数回する内、警戒心も解けてしまったようだ。
それに会うならもうしてもいい、むしろしたいと思ったのだろうか。

 

神待ち掲示板の女性を連れ、近くのラブホテルへと私はすぐに入った。
部屋に入った私は女性とベッドに座り、話をしながらキスをした。
そして、キスをしながら服の中へ手を入れ、女性の乳房や股間をまさぐった。
女性は息遣いが荒くなり、次第に顔を赤らめていった。

 

私は女性の衣類を脱がせ下着姿にし、女性に立ってもらった。
そして、しゃがみこんだ私は、ショーツに覆われた女性の股間の匂いを嗅いだ。
甘い股間の匂い、加えて、尿臭がほんのりと漂っていた。
そのまま、私は女性のショーツをおろした。
露わになった股間に顔をうずめ、私はクンニをした。

 

初めは、女性も恥ずかしがっていたが、その内、抵抗しなくなった。
そして、女性の膣が濡れてきた後、私と女性はベッドに横たわった。
神待ち掲示板の女性は仰向けになった私の上に乗り、お尻を私に向け、今後は私のペニスを口に含んだ。
ピチャピチャと音が鳴る中、女性は私のペニスを舐め続けた。
私は恍惚とした表情を浮かべながら、眼前にある女性のお尻を眺めつつ、肛門と膣を舐めた。

 

お互いの性器を存分に味わい濡らした後、今後は女性が仰向けになり、私が上になった。
そして、お互いに言葉を発することもなく、女性の膣の前にゆっくりと、私は自分のペニスをやった。
神待ち掲示板の女性は膣の前に来た私のペニスを自分から掴み、自ら膣に入れようとした。
女性に誘導されるがまま、私はペニスを挿入した。

 

挿入すると同時に、私も女性も声を出した。
もうお互いに我慢ができなくなっていた。
神待ち掲示板の女性はあまりの気持ちよさに我を忘れ、叫んでいた。
私も彼女と別れて以来、久しぶりの挿入を堪能していた。
腰を振り続け、私ももう限界に達していた。

 

私が中で出そうとしても、女性は拒否しなかった。
そして、私は神待ち掲示板の女性の中で出した。
そのまま2人とも眠ってしまった。
目を覚ました時、女性はまだ眠っていた。
女性の乳房や股間を私は愛撫し、頭も撫でた。

 

女性が目を覚ますと、「また会えるかな。」と私は聞いた。
しかし、「今回だけ。」と女性は話し、それ以上は何も話さなかった。
私は黙ってうなづくと、お互い無言で服を着た。
そして、ホテルを出て待ち合わせ場所に戻ると、名残惜しむようにキスをした。
キスをした後、女性は手を振りながら私と別れ、歩いて帰路についた。
以来、その神待ち掲示板の女性とは会っていない。